「体脂肪率」というのは、身体の中の脂肪の占有しているパーセンテージのことであり、「体脂肪率=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、kg )×100」という式で表すことができます。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が細くなってしまい、血液の流れが止まって、酸素や様々な栄養を心筋まで届けられず、筋細胞自体が壊滅状態になってしまう大変怖い病気です。
いんきんたむし(陰金田虫)は20〜30代の男性多く見られる傾向があり、よくあるパターンとしては股間部だけに広がり、全身運動をしたり、お風呂上りのように体が温まった時に強い掻痒感が訪れます。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を調節したり痛みを鎮圧し、あらゆる覚醒現象などを操作していて、単極性気分障害の人は働きが鈍化していることが分かっている。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、両手両足が麻痺したり下肢の著しい浮腫などがよく起こり、症状が進行してしまうと、最も重症のケースでは心不全などを招く可能性があるのです。
30〜39才までの間に更年期になるとしたら、医学用語で表現すると「早期閉経」という病を指します(日本においては40才未満の女性が閉経する症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と呼んでいます)。
トコトリエノールの効果の中では抗酸化効果が一段と有名ではありますが、この他に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが知られています。
ダイエット目的でカロリー摂取を控える、1日3食のうち1食を飛ばす、こんな食生活を続けるとひいては栄養をも不足させ、慢性的な四肢の冷えを招くことは、色んなところで言われていることです。
めまいは起こらないのに、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の症状のみを幾度も発症するパターンのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病」と診断することもよくあります。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科処置としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術(CABG)」という二者の技術が精力的におこなわれています。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今日までの研究結果によって、ワクチンの効果が見込まれるのは、ワクチンを注射した日の14日後からおよそ5カ月間位ということが判明しました。
一旦永久歯の周囲のエナメル質を浸食するほど酷くなってしまった歯周病は、悲しいことに症状自体が治まったとしても、エナメル質が元の量に復元されることはまずないでしょう。
下腹部の強い痛みの元凶となる病気の一例として、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵管の疾患など、色々な部位の病気が聞かれます。
バランスの良い食生活や体を動かすことは言わずもがな、肉体面と精神面の健康や美を目的として、特に欲しい栄養を補うために複数のサプリメントを利用する事が常識になってきていると言われています。
2005(平成17)年2月以降新しく全ての特定保健用食品の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」のコピーを表記すること各メーカーに義務付けられている。