UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があり、オゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞の遺伝情報を損壊するなど、皮ふに良くない影響をもたらすのです。
下腹の痛みが主訴となる病気の代表格として、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患などがよくみられるようです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に欠かせない特別な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに必要な酵素など、200種類以上存在する酵素の構築要素として絶対なくてはならないミネラル分です。
花粉症というものは、山林の杉や檜、松、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を示す病気だということは、今や常識となりました。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、大抵は腹痛・嘔吐・腹下しの症状がみられる位で済みますが、細菌感染による急性腸炎の場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度台の高熱も出るのが特徴なのです。
花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシャミなど)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが災いして睡眠不足になり、翌日目覚めてからの行動に芳しくないダメージを与えることも考えられます。
体脂肪量は変化が見られず、体重が飲み食いや排尿等で短時間で増減する時は、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少すれば体脂肪率が高くなるのです。
アルコールをクラッキングする効果を持つナイアシンは、辛い二日酔いに効果的な成分です。ゆううつな宿酔の元凶物質だといわれている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質の分解にも携わっているのです。
ハーバード大学医学部(HMS)の調べによると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くノンカフェインのコーヒーで代用すると、直腸ガン罹患率を半分以上は減らせたのだ。
食事をするときは、次に食べたい物をなんとなく口へ入れて数回咀嚼して後は飲み下すだけだが、そのあと人体は実に健気に活動し続けて食物を体に取り入れるように励んでいるのだ。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有している血液や精液、腟分泌液、母乳、唾液などのあらゆる体液が、看病する人等の傷口や粘膜などに接触した場合、HIV感染のリスクがあります。
必要な栄養素を万遍なく含んだ食生活や体を動かすことは言わずもがな、心身双方の健康やビューティーアップのために、補助として様々なサプリメントを飲む行為が常識的になっているということです。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人体の中の脂肪の占めている割合のことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重×100」という数式で算出されます。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧になってしまうと、身体中の血管に強いダメージがかかり、頭頂からつま先に至るまで様々な血管に障害がもたらされて、合併症を併発する蓋然性が大きくなると言われています。
衝突事故や高い所からの落下など、かなり強い力がかかった場合は、複数の位置に骨折が生じたり、複雑骨折となったり、酷くなると臓器が損壊してしまうこともあり得ます。