虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科手術では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス術(CABG)」という2つの術式が一般的に使用されています。
現代の病院の手術室には、洗面所や器械室、手術準備室を用意し、手術中に撮影するためのX線装置を付けるか、そうでなければ近くにレントゲン用の専門室を用意しておくのが慣例である。
ポリフェノール最大の作用は水溶性であるビタミンCや脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違い、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ作用を発揮するのです。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに平成24年9月より原則無料で受けることのできる定期接種となるので、集団接種ではなく病院などで接種してもらうに変わりました。
毎日の折り目正しい生活の保持、食べ過ぎないこと、適度な軽い体操等、古臭いとも思える身体への配慮が皮膚のアンチエイジングにも役立つのです。
明るくない所だと光量不足によって見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに多くの力がかかり、光の入る場所で物を見るより疲労が大きくなるのです。
肥満(obesity)はあくまで摂取する食物の種類や運動不足などが誘因ですが、一緒の量の食事をとっていても、慌ただしく食べ終わる早食いを続けていれば体重過多に陥っている肥満の状態を招く結果になります。
HIV、すなわちエイズウイルスを持つ精液や血液のほか、女性の腟分泌液、母乳等の様々な体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分等に接触する事で、HIV感染の可能性があるのです。
体脂肪の量は変動が見られず、体重が食物の摂取や排尿などにより一時的に増減する場合は、体重が増加すると体脂肪率は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が高くなることがわかっています。
音楽会やライブなどの開催される会場やクラブなどに備えられたすごく大きなスピーカーのすぐ横で大きな音を浴び続けて難聴になってしまうことを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼ぶのです。
現在、比較的若い世代で感染症のひとつである結核に抗する免疫力、すなわち抵抗力を持たない人達が増加したことや、受診の遅れに縁る集団・院内感染(アウトブレイク)が増えています。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人しか感じないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように当事者に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを使用すると感じると言われる「他覚的耳鳴り」があるそうです。
スギの木の花粉が飛ぶ頃に、まだ小さな子どもが発熱はみられないのにしょっちゅうくしゃみをしたり水のような鼻みずが止まってくれない状況なら、もしかすると『スギ花粉症』かもしれないのです。
普通なら骨折はしない位のごく小さな力でも、骨の決まった部分に幾度もひっきりなしにかかってしまうことで、骨折へとつながることもあります。
体を動かすのに必要なエネルギーとしてすぐに機能する糖質、人の細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、度の過ぎたダイエットではこんな体調をキープするために欠かすことのできない要素までも欠乏させる。