生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に存在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまい、結果的に膵臓からはインスリンが微々たる量しか出なくなり発病するタイプの糖尿病なのです。
我が国における結核対策は、1951年に誕生した「結核予防法」に沿う形で推進されてきましたが、2007年からこれ以外の感染症と一括りにして「感染症法」という名前の法律に沿って遂行されることに決定しました。
老化が原因の耳の聞こえにくさにおいてはちょっとずつ聴力が低下していくものの、通常60歳くらいまでは聴力の悪さをきちんとは把握できないものです。
侮ってはいけないインフルエンザに対応している効果的な予防法や治療方針等ベーシックな措置は、季節性のインフルエンザであっても新型のインフルエンザでもほとんど同じです。
下腹の疝痛をよく起こす病気の一例として、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮の病気など、色々な部位の病気が挙げられるようです。
塩分と脂肪の大量摂取をやめて自分に合う運動に尽力し、ストレスのかかり過ぎないような日常生活を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を予め防ぐ知恵なのです。
バランスの取れた食生活や体を動かすことは当然のことですが、健康増進や美容を目的とし、目当ての栄養を補うために様々なサプリメントを飲む事が常識的になっているそうです。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルスの感染によって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全へと至って些細なウイルスなどが原因の日和見感染や悪性腫瘍等を発病してしまう病状そのものの事を総称しています。
真正細菌の結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと「せき」をすることによって内気の中に撒かれ、空気中でふわふわと流されているのを今度は他の人が空気と一緒に吸い込むことによって感染していきます。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20〜30代の比較的若い男性に多く確認され、大抵の場合は股間部だけに広がり、激しく身体を動かしたり、お風呂上りのように身体が温まると強いかゆみをもたらします。
もしも婦人科の検査で現実問題としてエストロゲンなどの分泌量が基準値を下回りPOFだと分かったら、不足している女性ホルモンを足してあげる治療方法で緩和が期待できます。
30才から39才の間に更年期になったとすれば、医学的な用語で表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という疾患のことを指します(我が国の場合は40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまう状態をPOFと称しています)。
トコトリエノールの作用は酸化を遅らせる作用がおそらく一番有名ではありますが、この他にも肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりするということが言われています。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭まってしまい、血液の流れが途絶えて、酸素や様々な栄養が心筋まで送られず、筋繊維自体が死ぬという大変深刻な病気です。
男性にしかない前立腺は生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)がとても密に関わっていて、前立腺に発現したガンも同様、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの力で肥大化してしまうのです。